スタッフの声

会社を選んだ理由

アクロスに入社を決めたのは、父と神代社長が古くからの知り合いで、信頼のある会社ということを聞いていたからです。また、山口県内に店舗がたくさんあり、さまざまな種類の薬を偏ることなく扱うことができると思ったからです。入社してから3年間、4店舗で勤務しました。各薬局で、小児科、皮膚科、耳鼻科など様々な分野の薬を扱い、薬剤師としてもステップアップすることができました。何よりも、各店舗のスタッフとの交流が多く、先輩方の話をたくさん聞けるので、とても勉強になります。

仕事のやりがい

患者様から薬について不安や疑問など相談を受ける中で、お子さまに薬を飲ませるのに苦労するお母さんが多いということを知りました。それからは、一緒に服用方法を考えたり、来局時に服用してみたりするなど、できる限りのお手伝いをさせていただいています。「薬飲めたよ」「ありがとう」という声を聴くと、自分のことのように嬉しく思います。薬の内容を説明するだけではなく、いろんな面で患者様をサポートしていきたいです。

これからの夢

以前に比べてお薬手帳を持参してくださる患者様が多くなっています。お薬手帳をもっと活用し、患者様と薬剤師を繋ぐ、もっと便利なツールになるよう工夫ができないかな?といつも考えています。そして、気軽に相談できる薬局、辛さや痛みを少しでも理解することのできる薬剤師を目指しています。これからも、薬についてもより知識を深めていき、幅広い服用のアドバイスができるよう、日々勉強していきたいと思います。

会社を選んだ理由

小さい頃、近所の医院で薬を用意する人を見て、「楽しそうだな」と思ったのが薬剤師を目指すきっかけでした。粉薬を量って包んだり、シロップの薬を量って容器に入れたりしている光景を今でも覚えています。 アクロスを選んだ理由は、ホームページを見て、アットホームな雰囲気な薬局だなと感じたからです。タイミングよく薬剤師の求人があり、すぐにエントリーしました。 それから、実際に薬局の見学があり、職場の雰囲気を見てから入社を決めることができたので、安心でした。

仕事のやりがい

大学を卒業後、総合病院に数年間勤めた後、アクロスへ入社しました。総合病院では取り扱う薬も多く、種類も様々でした。現在は、小児科の処方箋を取り扱うことが多く、患者様も、お子さまとその保護者の方が主です。 病院に勤務していたときとの一番の違いは、患者様と接する時間が長いことです。また、扱う薬の種類が違うと、当然、患者様から聞かれることも変わってくるので、更に薬の知識が必要になります。 私の周りでも小さい子供がいる友人がいるので、病気のこと、薬のことなどを聞かれることが多く、アドバイスすることができるようになりました。

これからの夢

薬剤師は、薬を患者様に正しく届けるという、責任ある仕事です。 薬の種類もたくさん、どんどん新しい薬も発売されています。また同じ成分でも名前が違ったり、似たような名前だったり…たくさん種類がある薬の名前を覚えるのが大変です。 忙しい中でも正しく薬を届けるために一つ一つ丁寧に確認していくこと、そしてこれから更に薬の知識を増やしていきたいです。 今一番の目標は、気軽に話しかけてもらえるような信頼関係を患者さんと築いていき、アットホームな薬局を目指していきたいです。

会社を選んだ理由

知人の紹介がきっかけでした。店舗周辺の環境の良さ、そして神代社長の人柄に惹かれて入社を決めました。また、将来のことを考えた時に、産休、育休の実績があったことも決め手の一つでした。

仕事のやりがい

産休、育休が終わり、時間短縮勤務で復帰しました。約1年間職場を離れていたので、復帰して業務を全うできるか、足手まといになるのではないかと不安ばかりでした。 そんな気持ちをふっきることができたのは、松原代表をはじめ、スタッフの暖かい言葉と心遣いのおかげでした。 子供が発熱した時などは、夫婦で協力しながら調整しますが、どうしてもお休みをいただくことがあります。そんな時に、急な勤務にも関わらず快く対応してくださり、とても感謝しています。

これからの夢

毎日多くの患者様に来局していただいています。そんな中、お待たせする事もあり、申し訳ない気持ちでいっぱいです。患者様は限られた時間の中、来局していただいているので、よりスムーズに、そして正確に業務をこなせるよう努力したいと思います。 小さな不安や疑問は解消していただけるように、そして短い時間でも当薬局に来られることが、患者様にとって有意義なものになるようにと思っています。 また、小さな子供を持つ親だからわかることもあると思うので、患者様に寄り添い、できる限りご希望に添えるように努力していきたいと思います。

会社を選んだ理由

大学卒業後、大手調剤薬局チェーンに就職し、約18年間勤めました。自身の成長を目指し、転勤も繰り返していましたが、地元の山口県に赴任したのをきっかけに、「もっと地域に根差した薬局で患者様や医療機関との連携に尽力したい」と思うようになりました。 そんな時期に、松原代表と出会い、薬局を見学させてもらう機会がありました。そこでアットホームな感じを受け、自分のゆめや思いを叶えられる場ではないかと感じました。 また、神代代表が中小企業診断士の資格を持たれており、薬局経営、企業・組織運営等も学べ、自身も含め会社の飛躍に繋がるとも思い、入社を決めました。

仕事のやりがい

ずっと薬局薬剤師をやってきましたが、仕事の喜びとは何か?を常に念頭において、仕事に取り組んでいることが大事だと思っています。 私の仕事の一番の喜びは、患者様・お客様に感謝の言葉をいだだき、また頼りにしていただけるところです。 患者様から信頼していただき、地域や社会にとってかけがえのない存在を目指して、使命感・向上心を持ち続けることが「やりがい」であると感じています。 その喜びを得るために、自分たちが創りあげる仕事があり、患者様・お客様に寄り添い、丁寧に接して、心を込めたサービスを提供・追求していきたいと思います。 患者様も多く、日々あっという間に過ぎていきますが、患者様・お客様主体にスタッフ皆で協力し合い、充実した毎日となっています。

これからの夢

薬剤師となり20年経ちましたが、医療体系も変化し、薬局業務も様変わりしてきました。 調剤薬局・薬剤師として、その変化に対応し、進化し続けるために、研鑽研磨を繰り返し、自分自身だけでなく、スタッフ同士連携し夢を話し合い、「やりがい」が人を育て、次世代への人づくり、環境づくりがしたいと考えています。

会社を選んだ理由

30歳を機に、幼稚園の先生を辞め薬学部に入学しました。「このまま独り身かもしれないし経済的に安定した仕事につきたい」というのが当時の、安易な理由でした。 しかし本当に薬剤師になろうと決心したのは在学中のこと。高齢の患者さんに薬を届ける在宅訪問に同行する機会がありました。患者さんは薬剤師が来るのを楽しみにしており、体調のことだけではなく身の上相談などを話している様子をみて、在宅医療はただ薬を渡すだけでない、心の通った関係を築ける素晴らしいものだと感じました。 卒業後は1年間ほど医薬品卸の会社に勤め、仕事を通して医療業界全体を教えてもらいました。その後アクロスに入社いたしました。

仕事のやりがい

入社後、3店舗を異動しました。弊社は店舗により取扱い科目も異なり、配属された店舗でさらに勉強する機会に恵まれています。 入社後最初に配属されたのは、内科、外科、精神科を扱う店舗でした。先輩薬剤師に病気のこと、薬のことを徹底的に教えてもらいました。現在は小児科を扱う店舗に所属しています。小児科では、薬を飲みたがらない子供にどうしたら飲んでくれるか、と保護者の方と一緒に考えたり、保護者の方の不安に対して丁寧に対応することや自宅でのホームケアなど、薬の知識だけでないコミュニケーション能力が重要だと感じています。

これからの夢

調剤薬局は、処方せんがないと足を運びにくいという声をよく耳にします。一般用医薬品の販売や医療材料の販売だけでなく、他のサービス業の取り組みなどを取り入れ、もっとおもしろくなるような取り組みをしています。「処方せんがなくても気軽に来られる薬局」。そんな地域に根差し、身近な存在になれるような薬局を目指しています。 まだまだ試行錯誤で失敗もありますが、チャレンジしていきたいです。

会社を選んだ理由

地元での就職を希望し、探していたときに、薬局で栄養士の求人を見つけ、「薬局で栄養士?」と不思議に思いながら応募しました。
面接の際、薬局に栄養士をおくことは、アクロスとして初めての試みだと知り、「新しいことを取り入れるているおもしろそうな会社だな!」と思い就職を決めました。
薬局に来られる患者様は顔なじみの方も多く、育休中の間も出会った時に「薬局にはいつから復帰するの?」と声をかけていただき、地元のあたたかさを感じました。周りの方に支えられて、復帰後も楽しく仕事をさせていただいています。

仕事のやりがい

薬局での栄養士業務は薬剤師さんから声をかけてもらい患者様から食事相談を受けたり、電話相談を受けることもあります。患者様にあった食事方法を一緒に考え、次回来られた時に患者様から「成果がでたよ!」と言っていただけた時には嬉しくなります。
たくさんの患者様からささいなことでも気軽に相談していただけるようにしていきたいです。
また、薬局内で栄養に関する新聞も発行していました。
復帰したのでまた落ち着いてきた頃に子育て中の自分の体験をもとに
新しい目線で新しいコーナーも作り進めていけたらいいと思います。

これからの夢

まずは、薬局に栄養士がいるということを、もっと知ってもらい、「なかなか病院では聞けないことでも、薬局に行けば相談ができる」と思っていただけるようになりたいです。
そして、まだまだ勉強中ですが、糖尿病の患者様に薬に頼るのではなく、自分の食生活を見直し、食事のコントロールすることでお薬の量を少しでも減らしていけるような栄養指導などしていけることが目標です。

会社を選んだ理由

以前、別の医療機関で働いていたことがあり、調剤薬局の事務員という仕事にも興味がありました。 ショッピングセンター内という便利な場所に店舗があったのも決め手でした。

仕事のやりがい

隣接するクリニックが皮膚科のため、患者様はお子さんからお年寄りまで幅広く、様々な方が来られます。クリニックでの待ち時間が長いため、薬局ではなるべくお待たせしないように気配りを大切にしています。 また、化粧品やOTCをたくさん取り扱っているので、覚えることが本当に多く、日々勉強です。

これからの夢

小野田クローバー薬局の店長になって3年になります。スタッフの業務が滞りなくできるように、薬局全体に目を向けて仕事をしていきたいと思っています。まだまだ未熟な部分もあり、皆さんに助けてもらってばかりです。 スタッフの皆さんから頼ってもらえると同時に、一緒に成長できる店長が目標です。 また、薬局に来られる方には、店長も事務も薬剤師も変わりありません。店長や事務員が薬剤師の代わりはできませんが、スタッフ一人一人が協力し合い、患者さんに対して同様の対応できるような店舗にしていきたいと思います。

会社を選んだ理由

私が薬局を利用したとき、薬剤師の方から薬の説明を受け、相談している間、事務員の方が他の患者様の対応をしたり、周りをフォローされていました。その姿が印象的で、薬剤師のフォローを通して、患者様に安心して相談していただけたらと思い、薬局事務員に転職しました。
アクロスには登録者販売者サポート制度があることを知り、医療関係の資格取得にも挑戦してみたいと思っていたので、迷わずアクロスを選びました。

仕事のやりがい

元来の性格が大雑把なので、処方せんの入力やお釣りをお渡しする際などの間違いがないように、特に気を付けています。『間違いがないのが事務の仕事』と心がけて、慌てないことを意識していますが、まだまだ努力が必要だと感じます。
現在、処方せんの入力が主な仕事ですが、店舗の掃除や用品の補充など日常の雑務も多くあります。私の仕事は、スタッフがスムーズに仕事を進めることができるようにすること、そしてそれが患者様の安心につながります。
なので、そのどれもがやりがいを感じられる大切な仕事だと思っています。

これからの夢

日々の業務がまだまだ完璧とは言えないので、ひとつひとつの仕事を丁寧に、正確におこなっていきたいと思っています。また、スタッフが気持ちよく働ける環境づくりに努めたいです。
入社の翌年には、医薬品登録販売者試験を受験し合格しました。当店はOTCも扱っているので、患者様に相談された時に少しでもお役にたてれば嬉しいです。
今後はアロマテラピーや薬膳アドバイザーなど、心身の健康に関する資格取得を目指したいと思っています。