アクロス代表の松原です。

10月に入り行楽の秋を満喫したいところですが、今年はコロナが気になって気分が上がりません。

とはいえ、景気回復政策のGo to トラベルも利用しないといけません。

毎年11月には家族旅行に行っているのですが、今年は観光地を避けて、鳥取県の大山に登山に行くことにしました。

まずはコロナ自粛で鈍った身体を整えるために、休日には里山登山をしています。

先日も下松市の茶臼山に登ってきました。標高348m、山頂まで3km、70分と手頃な山です。

山頂までの道のりも緩やかで、山の稜線の木立の中を歩くことが多く、気持ちのいい登山道です。

頂上の展望台からは下松の街と瀬戸内海の島々が見渡せるナイスビューです。

晴れた日には大分県の由布岳も見えます。

私にとって茶臼山は自宅から近く、ちょっとした空き時間があれば、すぐ登れる里山です。

皆さんも近くの里山に登ってみたらいかがですか?スッキリしますよ。

里山登山