ゴールデンウィークですね

こんにちは!くまげ薬局です。

いよいよ今年もゴールデンウィークが近づいてきました。

日ごろ出かけられない遠くへお出かけする方も、近場で楽しむ方もわくわくと心待ちにされているのではないでしょうか。

さて、お出かけに乗り物はつきものですが、電車、バス、飛行機、船など、乗り物酔いするので苦手…というおはなしもよく耳にします。

せっかくのお出かけ、乗り物酔いすると楽しさも半減ですよね。

乗り物酔いと、対策についてご紹介したいと思います

 

乗り物に酔うと、気分が悪く顔色が蒼白になり冷や汗をかき、吐き気がして吐いてしまったりします。

耳には三半規管など重力や回転加速を感じるセンサーがあり、乗り物で移動すると脳に情報を送って目の動きや姿勢を制御します。

目からは乗り物内の静止空間の情報が入る為、耳と目の情報の誤差が酔いを引き起こすそうです。

『体が不安定な状態になっているよ!』という体からのメッセージとも言えますね。

『私は乗り物酔いしないから大丈夫』と思っている人でも、【寝不足・空腹・車中での読書・急発進・急ブレーキ】の条件がそろうと85%以上の人が酔うといわれています。

ということは、この逆をいけば酔わない、もしくは酔ったとしても軽く抑えることができます。

その他に対策としては

〇前日には睡眠をしっかりとる。

〇出発の2~3時間前から起きて頭をすっきりさせておく。

〇出発前に軽く(腹八分目)食事をとる。

〇揺れに身を任せず、着席しポールなどをつかむ。

〇船ならデッキや窓の近く、」バスや電車なら前方の運転席の近くで進行方向や遠くの景色を意識する。

〇ゲームをしたり、歌ったりして気分をそらす。

〇酔いやすい人はあらかじめ酔い止めの薬をのむ。

などが効果的です。

今年のゴールデンウィークはお天気もよさそうです。

乗り物酔い対策をして、楽しいゴールデンウィークをお過ごしくださいね。