RECRUITSPECIAL
ISSUE
アクロスのリクルート特集

実際はどんな職場!?
先輩スタッフの声を聞いてみる

interview
和やかな雰囲気が印象的でした
Q.1アクロスに入社したきっかけは?
和やかな雰囲気が印象的でした

大学を卒業後は薬剤師の資格を活かし、山口県の職員として、麻薬の取締りや食品衛生関連の許認可等の仕事をおこなっていました。
子どもの頃に入院をしたことがあり、その時に優しく接してくれた医療スタッフへの憧れがありました。ふと、そのときのことを思い出し「人に感謝される仕事がしたい」と思ったのが転職を考えるきっかけでした。それを実感できるのは、直接患者様と接する調剤薬局での仕事だと思いました。
何社か面接を受けたのですが、説明と実際の職場のイメージが違うことが多い中、アクロスの場合にはそのギャップがありませんでした。若い人だけでなく、ベテランの方もいらっしゃり、とても和やかな雰囲気に好感を持ちました。

『仕事もプライベートも充実!』が合言葉の職場
Q.2実際に働いてみてどんな職場?
『仕事もプライベートも充実!』が合言葉の職場

子どもが1歳になる前に、育児休暇を約2週間取得しました。なかなか休みを取るのは難しいのではと思いましたが、男性の育休が推奨される中、「プライベートが充実していないと仕事もがんばれないよね」と言っていただき、一瞬で過ぎてしまう子どもとの貴重な時間を一緒に過ごすことができました。
また、私と同じように公務員や病院等から転職した先輩や長く薬剤師として活躍されている先輩など人生経験豊富な方が多く働かれています。先輩から学ぶことは多く、人として成長できる職場だと感じています。

育休中の経験を生かし、患者様の気持ちに寄り添いたい
Q.3これからの目標は?
育休中の経験を生かし、患者様の気持ちに寄り添いたい

育休中に「お母さんは大変」と実感する体験をたくさんしました。夜泣きや急な発熱に加えて、子どもに薬を飲ませるのも簡単ではありません。
私の勤務する店舗は、小児科に隣接しているので、ご両親と接するが多くあります。そんなご両親の不安な気持ちに寄り添い、薬の飲ませ方をアドバイスしたり、時には薬局で子どもに薬を飲ませてあげたりすることもあります。お母さんが笑顔で帰られると、いつもほっとします。
これからも、薬のことだけではなく普段の生活のことも気軽に相談してもらい、少しでも気持ちが軽くなるように、目の前の患者様に寄り添っていきたいと思います。